検索キーワード

このブログのログ解析を眺めてみると、圧倒的に多い訪問者はBaiduを始めとする執拗な?ロボット/スパイダー。ロボットのためにサーバを開設しているような感じがしないでもありません。不正なアクセスを試みるものも当然います。
そういう中、検索エンジンからのリンクで飛んでくる方のキーワードで多いのは windows 7 855gm(e)。
855gm(e)チップマシンにWindows7をインストールした(したい)ものの、解像度が…、という方なんでしょうが、残念ながら私のブログで得るものはほとんどありません。
無理してインストールしても7の機能を十分に生かすことが出来ませんので、素直にマシンを買い換えましょう。
(と、中古を探してみる..)

広告

DirectXサポートせず

タスクバーの△アイコンをクリックすると「PCの問題を解決:○個のメッセージ」の白旗があり、その一つをクリックしたら、

¥アクション センター¥メッセージの詳細
Upgrade your Display Adapter
This problem occurred because your video card doesn’t support the required version of DirectX. This version of Windows requires a video card that supports DirectX 9.0 or newer.

855GMEチップにも関わらずWindows7をインストールし、無理に1280×800解像度にしたんですから、仕方ないです。それなりに使うしかないですね。

7インストール

一般販売が始まって1ヶ月過ぎたWindows7、比較的低スペックのマシンでもサクサクと動くらしい。
ここでご注意。
一部の機種であるが、Vistaから7にアップグレードするとエラー(ブルースクリーン)となってインストールに失敗することがあるらしい。こうなると、HDを初期状態に戻すしかないとのこと。
困った、ということにならないように事前のデータバックアップ等は必須である。
ところで私は1551-AG1に7をインストール後、解像度を1280×800にするためにその処理途中で電源ボタン長押しによる強制シャットダウンを行ったりした。
こういうのもご注意。HDアクセス中なら壊れかねないのはもちろん、この強制シャットダウンによりまれに7が起動しなくなるトラブルもあるらしい。
 マイクロソフト サポートオンライン http://support.microsoft.com/
まあ、新しいモノにはトラブルが付きものである。それを乗り越えて、次第にWindowsの扱いに慣れていくのである。乗り越えられなかったら… 恐れるなウィンドウズ7、窓を開けると… ウルトラ7が待っている。
という冗談は置いといて、Vistaは知らないけれど7は何気に良さそうである。私の7(1551-AG1)はまだ稼働時間は少ないが特にトラブルは発生していない。
7を生かすためにもこんなソフトはいかが。

Opera Show

Windows7の売れ行きが好調だそうですね。(MSサイト) 何しろ、私も買ったくらいですから。
最近はほとんど使わなくなっていたWindowsですが、7インストールを機に遊んでみようかと、ちょっとだけ電源を入れてみました。ついでに、ブラウザ Opera 10.10もインストールしました。
Operaといえば、私が今常用している Iceweasel(Debian)/Firefox の前に使っていたブラウザです。
Opera Show/プレゼンテーションモード」は健在でした。F11キーにより、プレゼンテーションに最適なフルスクリーンモードになるものです。
だいぶ前に書いた「HTML memo」も一応、Opera Show/プレゼンテーションモード対応です。
当時はHTML/CSSをそれ用にコツコツと書いてましたが、今はそのためのエディタもあるようです。
HTMLをテキストエディタで書きWebサーバにアップロードする前に、ブラウザでうまく表示できるかどうか Netscape Navigator, Internet Explorer などと共に Opera でも確認していました。
「マウスジェスチャー」と「Opera Show」が気に入ってしばらく使っていた Opera ですが、Firefoxの出現と同時に次第に使わなくなりました。
久々にインストールしてみて、Opera の良さを改めて感じた次第です。

古いマシンで新OS

855GMEチップマシン1551-AG1にWindows7をインストールし、画面解像度を1280×800としたわけですが、数年前のマシンでは7の良さが十分発揮できないですね。(当たり前ですが)
DVD再生は Windows Media Player では出来ました。
Windows Media Center はエラー(グラフィック未対応)となって起動できませんでしたが、USB接続DVDドライブにバンドルのソフト(Vista対応版)をインストールした後は、起動・再生できるようになりました。
しかし、Player, Center ともに字幕を表示させると画面が乱れます。字幕Offだったら普通に再生できます。
ところで現在、このマシンは右側スピーカの音が出ません。また、インストール直前もそうだったんですが、DVDドライブそのものが認識されなくなりました。
音が出なくなる件はこれまで数回、老眼鏡をしながら久々の半田鏝を握って修理しました。
DVDドライブが認識されなくなる件は、直ったり再発したりを繰り返したため、やむを得ずUSB接続のDVDドライブを買ったのでした。
ミニノート出現ですっかり出番がなくなったマシンですがまだまだ使えます。愛着はあります。
もう一度活躍の場を、と7をインストールしたのでした。十分期待に応えてます.. Aeroなどは不要と負け惜しみを..。

最後のパソコン

パソコンは数年経つともっといいものがより安く手に入るようになります。しかし、数年ごとに買い換えるわけにはいきません。
4年半前に私にとって最後のパソコン1551-AG1、今年の初めには最後のモバイル機としてAOA150を買ったわけですが、さすがにこれ以降は予算を通すのが難しくなってきます。
性能は少々悪くてもコンパクトさからAOA150を普段使うようになり、1551-AG1は電源を入れることが極端に少なくなって、久々の電源オンではまず最初にバッテリー充電でした。
その1551-AG1をDebian/WindowsデュアルブートからWindows7専用にしたわけですが、これまでWindowsを立ち上げるのはセキュリティアップデート以外ほとんどなかったので、7には新鮮味を感じます。お勉強だといってしばらく遊べそうです。
最近のDebianは難しい設定をすることなく使えるようになってきましたので、新たに覚えることがなくなりました。(覚えられない、頭に入らなくなってきた、とも言います。)
7を機に、Windowsを常用にしましょうか。そのためには、最後のノート機(最後のデスクトップ機)へと… 続けたいな。
何しろ、エクスペリエンス インデックスのスコアはこれ「1」ですから。
続きを読む

7 on 1551

855GME マシンである AOpen 1551-AG1 に Windows7 をインストールしました。
Windows のセットアップ終了後、Windows Update により AC’97 Modem, AC’97 Audio, 2200BG Wireless 各ドライバが自動インストールされ、「!」が残っていたのはビデオアダプタでした。
7では855GMEがサポートされないという情報は入手済みでしたので予めドライバ
 82852/82855 GM/GME Graphics Controller Ver.6.14.10.3722 (2003/11/20)
を次のサイトを参考にダウンロード、展開しておき、標準VGAドライバをそのドライバへと更新しました。
 http://www.groundstate.net/855GMWin7.html
ただし、c:windowssystem32driversvgapnp.sys にはさわっていません。
標準VGAから855用ドライバへ更新処理を行うと途中でハングアップしたようになり、マウスやキー入力を受け付けなくなります。ハードディスクへのアクセスがほとんどなくなるまで待ち、電源ボタン長押しで強制断。
その後、Windows通常起動すると、標準VGAが消えており 855ビデオコントローラに「!」。再度更新処理を行うと途中画面が真っ暗になりますが、やはりハードディスクへのアクセスがなくなるまで再びしばらくの間待ち、そして再び強制断。
次に起動すると、何と、1280×800が選べるようになっていました。
(電源ボタン長押し/強制断のような危ないマネはしないようにして下さい。)
なお、試しに Ver.14.19.50 等を入れてみたら1280×800に戻せなくなり、Windows7再インストールを繰り返したのでした。