自宅サーバ完全停止

maruyosi.fam.cxというドメインで自宅サーバを開設し、掲示板やブログ等を運用しているときがありました。
当初はADSL回線で実質固定IPアドレスでしたが、WiMAX回線に切り替えてからは当然のごとく変動IPアドレスとなり、また時々端末を再起動せざるを得ないため、自宅サーバには適さない回線となっていました。
変動IPアドレスで自宅サーバを開設するため利用していたのが、家サーバー・プロジェクト(ieServer.Net)の無料ダイナミックDNS(DDNS)サービス、サーバ機は古いパソコン、OSはDebian GNU/Linuxでした。
デスクトップ機はファンの音がうるさいし、ファンレスデスクトップ機やノート機は酷暑では一時的に停止せざるを得ないし、また、昨年の東日本大震災後は、無駄に自宅サーバ機を動かしてるような気がするようになりました。
最近のLinuxは以前よりかなり使いやすくなり、各種設定や運用、LPIC資格取得などのお勉強という所期の目的は達成出来たんじゃないか、ということで、ついに、自宅サーバを完全運用停止、maruyosi.fam.cxとおさらばすることにしました。
さて、今後の暇つぶしはどうしましょうか。

広告

認定期限が切れる前に

「○○様は2010年9月13日にLPICの認定期限(有意性の期限)を迎えます。」
認定期限が切れる前に、保持している若しくは上位のレベルを受験し認定を更新してください、とのことですが、私にはもう無理です。
趣味で遊び始めたLinuxですが、いつも遊んでばかりいると言われないように、それじゃぁと試しに受けてみた試験、運が良かっただけなんです。
一応、レベル3のテキストを買ってはみたものの、やっぱり難しいですよ。
遊び半分で取れるような資格なら権威はない、ということです。
自分で実際に試したことがあるものはすぐ理解できるのですが、私のメモリは相当劣化が進んでおり、目からだけの知識では揮発性メモリに残るはずもありません。10学んで2残るけど時間が経つとその2が消えてしまうのですから。
今受験中の方、これから受験しようとしている方は頑張ってください。