最後のパソコン

パソコンは数年経つともっといいものがより安く手に入るようになります。しかし、数年ごとに買い換えるわけにはいきません。
4年半前に私にとって最後のパソコン1551-AG1、今年の初めには最後のモバイル機としてAOA150を買ったわけですが、さすがにこれ以降は予算を通すのが難しくなってきます。
性能は少々悪くてもコンパクトさからAOA150を普段使うようになり、1551-AG1は電源を入れることが極端に少なくなって、久々の電源オンではまず最初にバッテリー充電でした。
その1551-AG1をDebian/WindowsデュアルブートからWindows7専用にしたわけですが、これまでWindowsを立ち上げるのはセキュリティアップデート以外ほとんどなかったので、7には新鮮味を感じます。お勉強だといってしばらく遊べそうです。
最近のDebianは難しい設定をすることなく使えるようになってきましたので、新たに覚えることがなくなりました。(覚えられない、頭に入らなくなってきた、とも言います。)
7を機に、Windowsを常用にしましょうか。そのためには、最後のノート機(最後のデスクトップ機)へと… 続けたいな。
何しろ、エクスペリエンス インデックスのスコアはこれ「1」ですから。

(過去ブログ抜粋)
7 on 1551(2009/11/4)
855GM マシンである AOpen 1551-AG1 に Windows7 をインストールしました。
流行のネットブック(LOVELOG:2009/1/23)
旅先でメールを読んだりブログを更新したりするためだけの安価なネットブックを探していました。
欲しかったノートパソコン(SeesaaBlog/旧auone Blog:2005/5/30)
欲しかったけど「贅沢だ」と自分に言い聞かせ我慢していたノートパソコン、1ヶ月間待ってもやはり欲しかったので、ついに買ってしまいました。自分のための最後のパソコンのつもりで AOpen 1551-AG1 を。

広告