ある夫婦の会話(お天気)

妻「今日のお天気は何?」
夫「大気が不安定と言ってたよ。にわか雨、雷雨だって」
妻「全然雨が降りそうじゃないよね」
と、洗濯物はベランダに。

天気予報というものは、当たって欲しい時に外れ、外れて欲しい時に当たるものである。

午後4時頃であろうか。見る間に空が暗くなってきた、と思ったら、突然激しい雨、風。
私は会社で外を眺めていた。
「こりゃ、ダメだな」

会社から帰ると、洗濯機に洗濯物がいっぱい。
せっかく乾いたのにビショビショにしてしまった洗濯物。
妻「友達とお茶を飲まないで帰れば間に合ったかも」

あれから数週間。

妻「今日のお天気は何?」
夫「大気がかなり不安定と言ってたよ。激しい雨、雷雨だって。」
妻「こんなに天気がいいのにね」
と、洗濯物はベランダに。

午後3時頃であろうか。以下、同様で動揺。
「こりゃ、かなりダメだな」

いつものパターン。私の言ったことを聞いてくれたことがない。
だったら最初から聞くな!

(maruyosi’s Annex: July 14, 2006)

広告